‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

格付けを利用するときの留意点

2014/08/23

インターネットが普及したお陰で、今ではネットを用いて株取引やFX等を行うという個人投資家というのがかなり増えています。その影響もあって、最近ではちょくちょく格付け会社という言葉を、テレビのニュースや新聞等で見聞きする事があるモノです。それがどういった存在かと言うと、社債等の元利金支払いの確実性等を専門的な第三者が評価し、その度合いを簡単な記号で表している会社の事です。要するに会社の経営状態や安定性を示す指標です。
そのためそういったランク付けは、投資する株式選びを行う際には参考になるし、預金する金融機関を選ぶといった際にも、安心を得るためには参考になるモノです。
ただし注意が必要なのは、あくまでそのランク付けというのは、第三者機関が独自に判断しているというモノです。だからこそ、そういったランク付けを行う会社でも、ある会社では経営状態に問題無しと判断されているのに、ある会社では悪いランク付けがされているという様な事も起こり得るのです。しかもそういった会社によるランク付けの差というのは、珍しい事ではなかったりします。だからこそ、このランク付けというのはその会社を判断するためにある多くの判断材料の一つに過ぎなかったりします。なので参考にする際は、一社のランク付けだけでなく、復数の会社のランク付けを見て判断する方が、より正確性が出ると言えます。

格付会社によって格付けの差がある

2014/08/23

格付け会社とは、信用リスク、金融債務の履行能力などを総合的に解析して発表する民間企業で、格付け機関ともいいます。
格付けとは何かというと、様々な債権などの元本と利息の支払い能力を、
アナリストのチームによる多角的な視点により解析できる、
格付け機関が評価を行い、その結果を簡易な英数字や記号で表したものです。
具体的には、社債を発行する企業体の自己資本率などの財務の内容や組織の概要、事業内容などから、
総合的なランクに分ける作業を行い、投資リスクの低いものからA,B,C等のアルファベットで示されていきます。
また、格付け機関によっては、格付けに数字や+-という記号をつけて表示します。
格付けは債券などの信用リスクを判断する上で便利なものですが、絶対的に正しい評価ではありません。
格付けは債務の支払い能力に加えて、現代から未来への社会情勢の予測や、景気予測など分析する項目が多岐にわたるため、
それらを分析、評価する手法やその評価判断も無数になります。
ですので、それぞれ違うアナリストのチームを抱える格付け機関の表す格付けは、主観的にならざるを得ない部分はありますし、
格付会社によって格付けの差が出るの、ある意味当然の結果であると言えます。

格付けの評価は、絶対的なものではない

2014/08/23

金融機関やいろいろな企業や国まで格付け機関による格付けは評価は行なわれていますがその格付けは絶対的なものではありません。格付けというのはある一定の条件を満たした仮定の上で行なわれています。例えば住宅価格が上昇するという仮定の上でなりたっている格付けはその前提条件である住宅価格の上昇が止まればその格付けの意味は失われる可能性があるということです。現代の経済は証券化がすすんでおり金融工学の発達もあり非常にリクス回避の手段は複雑化しています。このような世界で性格にリスクとリターンをわりだして格付けを正確に行なうのは非常に困難が伴います。経済現象というのはいくに知恵を絞ってリスク回避に努めても人間の知恵には限界があり不確かなものです。格付けを絶対視するには危険なのです。格付けはあくまで参考にするべきなのです。リスク回避は自己責任であるという姿勢がとても大切です。格付けを信用しすぎて自分の財産を減らしてしまうのはもったいないことです。格付けはあくまである条件のもとに出された仮定であると考える姿勢がとても大切です。もっと状況を総合的に考慮して投資などを行なう必要があるのです。格付けはあくまで参考にすぎないのです。

すべての金融機関が対象ではない

2014/08/23

国内、国外にかかわらず、現在景気の状況は、変動のスパンが非常に細かく、また、以前に比べ、その指標となる要素も格段に多いものとなっています。このため、各金融機関や、企業の間では、その取引に一層の慎重さが必要になっており、適切で俊敏な判断が迫られることが多くなっています。
こうした取引の参考として、大きな指標となるものに、各機関の格付け調査があり、定期的に実施されることで、安定した経済動向を目標としています。
この格付けには、各企業ごとに様々な分析、算出方法がありますが、基本的な考え方としては、定量分析と定性分析の2つに分けることができます。
定量分析は、過去の実績やデータなどを重視し、その傾向を捉えることで算出する方法ですが、この方法では、過去の実績に基づくもので、基本的には信頼性の高いデータを採取することができます。しかし、急激な市場の変動に迅速に対応することが難しい一面も持っています。
また、定性分析では、実績などの数字的な面ではなく、様々な動向をヒアリングなどを行うことで情報を採取し、それらのソフト面での情報から今後の予測を立てる方式です。この方法は、常に流動的な予測が可能な一方、大きな動向には対処しきれないというデメリットも持っています。
また、これらの格付けは、すべての機関を対象にしていないため、地方などの瑣末な情報について手薄になるという問題もあります。

金融機関の格付けをするマイナス面

2014/08/23

現代は金融商品がたくさんあり不動産など従来そうでなかったものまで証券化されています。必然的にそれらの金融商品に対する知識を得たいとするニーズは高まっています。それらの商品を扱う金融機関にたいする格付けも行なわれています。それに対するメリットもありますがマイナス面もあります。あまりにそういう情報を信じしてしまうと必要以上にリスクを取った投資を行なってしまうという面があるからです。そういう信用情報を過度に信頼してしまうとモラルハザードにもつながってしまいます。特に最近の金融商品は金融工学の発達もあっととても複雑化していますので中身が良く分からないというケースがたくさんあります。そういう商品をとりあつかっている金融機関の信用問題も生じてきています。そういう金融機関の信用を計るには慎重な考察が必要となってきます。そもそもリスクの高い金融商品を多く取り扱っている金融機関はそういう信用情報の前にリスクが高いと認識するべきなのです。リスクについて深い洞察をもってすればそういうものに惑わされずにすむこともあります。リターンが高い金融機関はそれだけリスクをとっているといえるのです。その点をよく認識しておく必要があります。

インターネットを使えば簡単に利用できる

2014/08/23

信頼に足る金融機関に、自分の大事なお金を亜づけたいという気持ちは誰しもが持っているものでもあります。
しかしどういった金融機関が安心だと思えるのかというのは、口コミや、外見から見るという事だけではわかりにくいということがあると感じられるのではないでしょうか。
しっかりとした基準を知ったうえで、金融機関を選びたいというように切実に考えているという人ならば、インターネットを使用して、チェックをするということができます。
金融機関の格付けというものがネットですぐに確認できるということもあるので、信頼できるというような判断材料としては非常に有意であるとも考えられる方法でもあります。
もちろん普通預金においては、一千万円まで補償されるというペイオフ制度があるということも知っておいた上で、総資金が一千万円以上あるという人においては、適度に分散して資産を持っておくということも考えておくことが必要でもあります。
その際にはやはり格付けというものを知るということで安心感をえながら、しっかりと資金が管理できるような金融機関を選ぶということも大事になります。
ネットを使用して情報を収集するということにつとめてみましょう。

複数の金融機関の健全性を比較しやすい

2014/08/23

現代は金融商品がたくさんある時代です。これは金融工学の発達にも関係しています。リスク回避や利益の追求の必要性から様々な金融商品が開発されているのです。これらの金融金融商品を金融機関もたくさん保有しています。それらの金融商品はリスクがありその判断は素人ではとても難しいです。そのためにそのような金融機関に格付けというものが格付け機関によってなされています。このような格付け機関による格付けによって金融機関の健全性の比較がしやすくなっておりとても有益になっています。そもそも金融商品というのは基本的にリスクを分散したり低減する目的で作られています。しかしながら金融工学の発達においてかなり複雑で一般には分かりにくい金融商品がたくさん作られていてその中身は分かりづらくなっているのが実情です。金融機関は金融の要としてとても大事である生活する上でも大きく係わりますので複数の金融機関を比較してその健全性を見たいというニーズは当然に高まります。そのような時に格付け機関による格付けは一定の目安となり自分が生活やビジネスなど係わる金融機関を決める時の一定の目安になります。このような格付けなど総合的に判断して金融機関を選択することはとても有効なことなのです。

健全性のレベルがわかりやすい

2014/08/23

金融機関を利用する際に、その金融機関の健全性を確かめること大切です。たとえば、元本保証の金融商品で資産を運用したとしても、万一、その金融機関が破綻してしまったら元も子もないからです。預金の場合も、1000万円までは保証されていますが、それ以上は保証されません。そこでその金融機関の経営内容が健全かどうかを知っておくことが重要になってきます。

経営内容が健全であるかどうかは、資金のやりくりが円滑であるかどうか、利益をあげているか、不良債権の割合などでチェックすることになりますが、特に資金のやりくりに関しては、民間のシンクタンクが格金融機関を格付けしていますので、それを参考にすると良いでしょう。ただし、格付け会社によって評価が違う場合もあり、その格付が絶対というわけではありません。

格付けはA、B、C、プラス、マイナスで表記されます。信用力が最も高いAAAから最も低いCまであり、A以上の格付けであれば、信用力に問題はないと言われています。BBやBBBなどは、通常の状態であれば信用力に問題はありませんが、将来環境が変化した場合に注意が必要であると言われます。自分が現在利用している金融機関の格付けくらいは知っておきたいものです。

金融機関の格付けをするプラス面

2014/08/23

まず始めに格付けとは、格付会社が金融機関等を含めた社債等の発行会社について、債務の支払能力等を評価するものの事です。これは金融機関の健全性を判断する材料の1つとして、株の取り引きをしたり、就職活動に活かしたりと言った場面で役に立っています。ランクの見かたは、AAAが一番優良で、最も信用力が高く多くの優れた要素がありますと言うような評価を受けています。逆の悪い評価を受けている機関にはCが与えられています。これは債務負履行になっており、債権の回収もほとんど見込めないと言う評価を受けています。こうなってしまうと会社としての信用がガタ落ちになってしまい、今後の経営に大きく響いてしまう事がよく分かります。こう言ったようにランクの付けが分かりやすく標示されていますので、その会社の決算書等の財務資料を読まなくても良いという所がメリットであります。また複数の金融機関の健全性を比較しやすいという点と、それらをインターネットから簡単に調べる事が出来るという所もメリットです。ただし、格付会社によってそれぞれ評価の仕方が違ったりするので、ランクも多少変わるところがあります。複数の会社のデータを元に調べると良いでしょう。