格付会社によって格付けの差がある

格付け会社とは、信用リスク、金融債務の履行能力などを総合的に解析して発表する民間企業で、格付け機関ともいいます。
格付けとは何かというと、様々な債権などの元本と利息の支払い能力を、
アナリストのチームによる多角的な視点により解析できる、
格付け機関が評価を行い、その結果を簡易な英数字や記号で表したものです。
具体的には、社債を発行する企業体の自己資本率などの財務の内容や組織の概要、事業内容などから、
総合的なランクに分ける作業を行い、投資リスクの低いものからA,B,C等のアルファベットで示されていきます。
また、格付け機関によっては、格付けに数字や+-という記号をつけて表示します。
格付けは債券などの信用リスクを判断する上で便利なものですが、絶対的に正しい評価ではありません。
格付けは債務の支払い能力に加えて、現代から未来への社会情勢の予測や、景気予測など分析する項目が多岐にわたるため、
それらを分析、評価する手法やその評価判断も無数になります。
ですので、それぞれ違うアナリストのチームを抱える格付け機関の表す格付けは、主観的にならざるを得ない部分はありますし、
格付会社によって格付けの差が出るの、ある意味当然の結果であると言えます。

コメントは受け付けていません。