格付けの評価は、絶対的なものではない

金融機関やいろいろな企業や国まで格付け機関による格付けは評価は行なわれていますがその格付けは絶対的なものではありません。格付けというのはある一定の条件を満たした仮定の上で行なわれています。例えば住宅価格が上昇するという仮定の上でなりたっている格付けはその前提条件である住宅価格の上昇が止まればその格付けの意味は失われる可能性があるということです。現代の経済は証券化がすすんでおり金融工学の発達もあり非常にリクス回避の手段は複雑化しています。このような世界で性格にリスクとリターンをわりだして格付けを正確に行なうのは非常に困難が伴います。経済現象というのはいくに知恵を絞ってリスク回避に努めても人間の知恵には限界があり不確かなものです。格付けを絶対視するには危険なのです。格付けはあくまで参考にするべきなのです。リスク回避は自己責任であるという姿勢がとても大切です。格付けを信用しすぎて自分の財産を減らしてしまうのはもったいないことです。格付けはあくまである条件のもとに出された仮定であると考える姿勢がとても大切です。もっと状況を総合的に考慮して投資などを行なう必要があるのです。格付けはあくまで参考にすぎないのです。

コメントは受け付けていません。