金融機関の格付けをするプラス面

まず始めに格付けとは、格付会社が金融機関等を含めた社債等の発行会社について、債務の支払能力等を評価するものの事です。これは金融機関の健全性を判断する材料の1つとして、株の取り引きをしたり、就職活動に活かしたりと言った場面で役に立っています。ランクの見かたは、AAAが一番優良で、最も信用力が高く多くの優れた要素がありますと言うような評価を受けています。逆の悪い評価を受けている機関にはCが与えられています。これは債務負履行になっており、債権の回収もほとんど見込めないと言う評価を受けています。こうなってしまうと会社としての信用がガタ落ちになってしまい、今後の経営に大きく響いてしまう事がよく分かります。こう言ったようにランクの付けが分かりやすく標示されていますので、その会社の決算書等の財務資料を読まなくても良いという所がメリットであります。また複数の金融機関の健全性を比較しやすいという点と、それらをインターネットから簡単に調べる事が出来るという所もメリットです。ただし、格付会社によってそれぞれ評価の仕方が違ったりするので、ランクも多少変わるところがあります。複数の会社のデータを元に調べると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。